柚乃香の歴史

創業のおはなし


ゆずごしょうの原点は、英彦山の山伏が自家製したものです。


山伏の仕事は、加持祈祷と秘伝の薬を
製造し販売することでした。

昔むかし、ゆずごしょうは、薬や保存食として
伝わっていました。


昭和25年(1960年) 創業者、林 光美(はやし みつよし)が
英彦山の銅(かね)の鳥居付近で、食堂の傍ら、
もともと英彦山で作られていたゆずごしょうを
商品化しました。

また、現在の代表者の母が
英彦山山伏の家系で、「福海坊」という
宿坊を開いていました。
現在も山伏の血が流れ、ゆずごしょうを作っています。







昭和11年頃 英彦山、銅の鳥居前で営業していた
「紅葉屋(もみじや)」の前にて撮影。

林 光美の子供達と親戚 

この店の奥で、ゆずごしょうの商品化に向け
試行錯誤をしていていました。

開発段階で食堂のお客さんに、試食してもらっていました。






創業者 林 光美(はやし みつよし)

明治22年生

現在の代表者、林 久秀の祖父。


光美は、北九州市門司の出身で、満州鉄道(中国)や
旧国鉄の駅長を勤めた後、英彦山に移り住むました。




さきほどの食堂「紅葉屋」やゆずごしょうの商品化に加え
英彦山の野営場やスキー場で
テントやスキーの道具を貸し出すという
来る時の負担を減らす、今でいうレンタル業を
いち早くおこなっていました。




英彦山野営場の貸しテント




スキー場で貸しスキー




明治の終わり頃の写真

光美(右上)若かりし頃と家族の写真。

中央は、光美の祖母、天保11年生まれ、タネ。







昭和31年、福岡県観光連盟より表彰


陶器に入っているものもありました。

形は、変わりましたが

柚をかたどったラベル、楕円形の瓶は

今も受け継いでいます。



現在、創業66年となり、

皆様のご愛顧によって、永くゆずごしょうを

作り続けさせてもらっています。




平成27年に「東久邇宮記念賞」「東久邇宮文化賞」を

頂くことが出来ました。


東久邇宮記念会とは、

「大きな発明ばかりを尊ぶのではなく、

小さな発明やアイデアも、同じように尊ぶべきである。

おいしいお味噌汁を考えて、みんなが喜んでくれるなら、

その人も同じように尊ぶべきである。」 

という理念で、出来た会です。


二十年程前から、雑誌、テレビなどで

元祖として「柚ごしょう」の知名度を上げたいう

総合的な評価を、いただきました。



「東久邇宮文化賞」





「東久邇宮記念賞」







これからもゆずごしょうの元祖

「柚乃香」を変わらぬ味で守り

尚一層、精進していきたいと思います。


何卒よろしくお願い致します。












店長紹介

修験道、山伏で知られる英彦山のふもと、自然に囲まれた中で伝統の味と地元の原材料にこだわり、昭和25年より変わらぬ味をお届けいたします。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ